風俗嬢のうなじに興奮

貧乳は燃えるなって思うんですよ

貧乳風俗嬢が大好きです。男なら風俗では若い子か、あるいは巨乳の方が良いだろうって思うかもしれません。それは否定しませんし、やっぱり男たるもの女の象徴でもある巨乳や、日に日に自分から遠い存在になっていく若い女の子と楽しみたいなって気持ちになるのは分からない話ではないんですよね。だからそれらを選ぶ気持ちもよく分かるんですけど、それでもやっぱり貧乳は自分の中で大きな存在感なんですよ。なぜなら、あの感度は貧乳だからこそのものじゃないですか。初めて貧乳と楽しんだ時のあの感動は今でも覚えているんですよね。あそこまで感度が良いのかと。しかもかなり敏感なのはもちろんですけど、濡れっぷりも半端なかったんですよね。しかもこちらの動きに連動しているので、体も小刻みに震えているんですけど、そうさせているのは他ならない自分自身じゃないですか。目の前で感じている貧乳風俗嬢を見て、男としての自尊心まで満たされているなって。

風俗の快感はトスも大切ですね

風俗嬢だって完全無欠の女の子ではないんです。それを理解した上で、じゃあどうするのかって部分ですよね。風俗では自分だけの問題でもなければ、かといって女の子だけの問題でもないと思うんです。そうです、二人の問題です。それが重要だと思うんですよね。
何せ風俗は基本的に二人きりなんです。その中でどれだけの楽しさが待っているのか。それを考えた時相手とのコミュニケーションがとても重要なものであることは言うまでもないんです。むしろ相手からの気持ちをこれだけ楽しませてもらえるってことで、相手が全力を出せる環境を男側が用意することもまた、大切だと思うんですよ。
つまり、相手の風俗嬢が自分を相手にしてリラックス出来るような環境を用意してあげること。ちょっとしたことなのかもしれないんですけど、意識するだけでまったく違うものになるんじゃないかなって思うんですよね。むしろそれによって、風俗の楽しさがより高いものになるんじゃないかなって思います。