風俗嬢のうなじに興奮

やはり安いのはありがたい!

風俗で安さを求めるのは、決して悪いことではないと思いますよ。むしろ選択肢の一つとしてありだと思います。それに、風俗の世界だっていろんなバリエーションがあるじゃないですか。そこはやっぱりビジネスとしての側面もありますので、いろんな競争原理が働いている以上、自分なりにいろんなことを考えるのは悪いことではないんじゃないかなって思うんですよ。だから安い風俗で遊ぶのも、それはそれで決して悪いことではないと思いますよ。むしろ自分も風俗で遊ぶ時には、それなりに値段に関してはこだわりを持つようにしていますしね。ただ、自分の場合は安ければ良いってのもありますけどコストパフォーマンスも重視するようにしています。やっぱりコストパフォーマンスは重要で、安ければ良いってことじゃなくて、支払ったお金以上の満足間を得られるのかどうかにもこだわりたいんですよね。それこそ最高の満足感を得られるのであれば、多少お金を支払うことになっても良いですし。

ささやかなものですが

風俗で遊ぶ際、ささやかなものではありますが必ず風俗嬢に差し入れをするようにしています。ただ、あまりにも大袈裟なものはしません。それこそいきなり貴金属とかブランド物なんかはかえって警戒心を抱かせてしまうかもしれませんよね。そうじゃなく、未開封のペッドボトルとかです(笑)後は美味しそうなスイーツも差し入れする時もありますね。もらう側があまり畏まらずにもらえるもの。それがポイントでしょうか。これは別に「ものを上げるから何かしてくれ」とかじゃなくて、ちょっとしたコミュニケーションの一種です。差し入れすることによって、言わば陣中見舞のようなものをと考えているんですよ。風俗嬢って一日建物の中にいるので、時間の経過が分からないだけじゃなく、買い物さえ出来ないって嘆いていた子がいたんです。それなら代わりに買い物をしてあげようって思ったのかもしれませんが、そこまで大きな出費ではないですし、これで良いのかなって。